1円PPCを実践する時の注意点


どうも こんにちは。

時任です(^ ^)

1円PPCシリーズの第3回となる今回は

1円PPCを実践する時の注意点

について解説していきますね。

数あるPPCアフィリエイトの手法において
最も低リスクで取り組みやすい1円PPCですが

実践する際には注意しなければならないことがあります。

それは楽天アフィリエイトの規約が厳しいことです。

楽天アフィリエイトの規約は他のASPと比べると
かなり厳しくて、意識せずにやってしまうと

確実に規約違反でアカウントが停止されます。

こういう風に書くと大げさに感じるかもしれませんが
これは本当のことなのよく注意してください。

なので1円PPCを実践する前には必ず
規約に目を通しおいてください。

それでは楽天アフィリエイト実践する上での
注意点を3つ紹介します。

・短縮URLを使用しない

通常のASPだと特に気にする必要はないのですが
楽天アフィリエイトですと規約違反になります。

短縮URLを使っているのが発覚した場合は
アカウントが停止される危険がありますので

楽天アフィリエイトでは短縮URLは絶対に
使わないように気をつけましょう。

・広告文に「楽天」を使用しない

とかく規約が厳しい楽天アフィリエイトですが
リスティング広告にもさらに規約による規制があります。

それは広告文に【楽天】【楽天市場】という文字の
使用を禁止していることです。

またそれらに似た言葉も禁止ワードになっているために
【らくてん】【RAKUTEN】なども広告文に入れるのはNGです。

また今はアドバンスドURLに移行しているために
問題ないとは思いますが

表示URLにも【rakuten】を使用するのもNGです。

さらに広告文には【公式】【提携】を入れることも
規約になりますので、通常だと広告文の最後に入れる
【/提携】も使うと規約違反になります。

ですから楽天アフィリエイトの場合は文末に
【/アフィリエイト】と記載するようにしましょう。
【/提携】と比べると文字数が多く広告文に使える
文字数が減りますが規約違反回避のために使用はやめましょう。

・報酬を受け取るには楽天カードが必要

楽天アフィリエイトでの報酬は3000ポイントまでは
楽天ポイントとして溜まっていきますが

それ以上の支払いになると楽天キャッシュでの支払いとなります。

しかしこの時にアフィリエイトIDに楽天カードもしくは
楽天銀行の口座を紐付けしておかないと受け取ることが出来ません。

これを知らずに1円PPCをやってしまうとせっかくの売り上げが
没収されてしまうので気をつけましょう。

以上が1円PPCを実践する時の注意点になります。

参考になれば幸いです。

 

ただこの説明だけだと不十分だ

もっと詳しく1円PPCアフィリエイトについて教えて欲しい

という方もいると思います。

そんなアナタには無料スカイプ相談にてコッソリと
1円PPCアフィリエイトで稼ぐコツを教えちゃいます。

⇒申し込みはコチラをクリック

スカイプ通話に抵抗のある方はまずメール・スカイプチャットからでもOKです。

連絡先:info@lightning-infobiz.com

スカイプID:nogysedori

今回も記事を最後まで読んで頂きありがとうございます。

時任の記事が面白いと思ったら
応援クリックをお願いしますm(_ _)m
↓   ↓   ↓

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です