PPCアフィリエイトに必須のアクセス解析が使えない!?

どうも 時任です。

PPCアフィリエイトを実践していれば
アクセス解析って普通に見ますよね。

そのデータをもとにメンテナンスを行い

売れそうにないネガティブなキーワードは
対象外キーワードに設定し

売れ行きの良いキーワードはさらに売れるように
するためにそのキーワード単体で広告グループや
キャンペーンを作ったりして

さらにはそのキーワードを絡めた広告を
作ったりして品質インデックスを上げて

売れるキーワードをに磨きをかけていくのが
PPCアフィリエイトの基本でした。

しかし昨今GoogleやYahooがSSL化(サイトの暗号化)
によってアクセス解析からキーワードが拾えなくなっています。

これはPPCアフィリエイトを実践する人に限らず
多くのアフィリエイター達にとっては深刻な問題です。

これに対応するためにはアクセス解析を入れている
サイトを常時SSL対応にするか

SSLに対応したアクセス解析を導入する必要があります。

しかしこれが結構面倒だったりします。

サイトを常時SSL化するにはサーバーに申請して
ドメインごとにお金を払わないといけないですし

SSLに対応したアクセス解析はまだそこまで
多くはないです。

 

では今後のPPCアフィリエイトではアクセス解析は
全く使えなくなってしまうのか

と言いますとそうではないです。

実はYahooプロモーションが提供するある機能を使うことで
ユーザーが検索に使ったワードがわかるんです。

しかもそれはPPCアフィリエイターに馴染みのある
あの機能ですよ。

その機能とはズバリ

検索クエリーです。

アクセス解析の様にリアルタイムでキーワードが拾えたり
アクセスログを確認したりすることは出来ないですが

確実に検索キーワードが表示されます。

この検索クエリーを元にして売れそうなキーワードを
ピックアップしたり

反対に売れそうにないキーワードを対象外に設定して
除外したりすることが出来ます。

この検索クエリーを活用することにより

GoogleやYahooがSSL化(サイトの暗号化)によって
検索キーワードが拾えなくても

PPCの広告メンテナンスを継続して
やっていくことが出来ます。

PPCアフィリエイトの利益を最大化していくためには
このキーワード分析は絶対に必要になるので

是非とも参考にしてみてくださいね。

 

本日の記事があなたのお役に立てた場合は
下記をクリックして合図を頂けると嬉しいです。

⇒http://blog.with2.net/link.php?1782132

 

■無料スカイプ相談受け付けています。

⇒ http://hnt.fsmailer.info/entry/form.php?form_id=30

※上記フォームからお気軽に問い合わせください。

 

今回も記事を最後まで読んで頂きありがとうございます。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です