アドバンスドURLの終了と拡大テキスト広告への移行

どうも 時任です。

 

最近は情報発信や他のことがいそがしくてあまり
PPCアフィリエイトを出来ていなかったのですが

久々にやってみると去年に導入されたばかりの
アドバンスドURL形式が終了していました。

 

それで今度の広告入稿形式は

 

拡大テキスト広告らしいです。

 

 

アドバンスドURL形式が早くも終了…

 

2016年からスタートしたアドバンスドURL形式ですが
運用開始から1年も経たずに完全になくなってしまいました。

 

アドバンスドURL形式の実施に当たっては新しいやり方に慣れたり
既存の広告をアドバンスドURL形式へ移行したりと色々と大変でしたね。

 

これだけ手間の掛かることをしておきながらこんなに早くに
終了してしまうなんて一体なんだったんでしょうね…(^^;)

 

そして今後は2016年の末頃から開始した
拡大テキスト広告という広告タイプのみに
統一されてしまいました。

 

ですが今回の拡大テキスト広告への移行には前回の
様に以前の入稿形式の広告を消されるということには
ならないのでその点では安心ですね。

 

しかし今後もPPCアフィリエイトで継続的に稼いでいきたい
のであれば既存の広告も拡大テキスト広告にあわせて
変えて言ったほうがより反応率が高くなるのは間違いないです。

 

 

拡大テキスト広告とは

 

説明するよりも実際に見てもらったほうが
手っ取り早いので画像を見てください。

 

 

パッと見は以前とあまり変わらないように見えるのですが
ちゃんと変更されているところがあります。

 

それは拡大テキスト広告の名前の通りにタイトルの横に
さらにテキストが追加されていて

タイトルが2つ設定できるようになっています。

 

さらに説明文にも変更点があり最大で80文字まで入力出来て
以前の広告よりも使える文字数が格段に増えています。

 

ということはつまりは以前の広告よりもさらに
検索ユーザーに対して訴求しやすくなったということです。

 

文字数の関係であきらめていたような文章も
今後は使えるようになるということです。

 

また今の段階ですとまだ拡大テキスト広告に
移行していない人もいるんでチャンスです。

 

拡大テキスト広告であれば従来の広告よりも
文字数が多く目立つのでクリック率も高いです。

 

なのでまだ拡大テキスト広告に移行していないのであれば
今すぐにでも広告を修正しておくことをオススメします。

 

今回の拡大テキスト広告への移行ではメリットもありますが
逆にデメリットも存在します。

 

 

スマホの広告掲載枠が減少

 

アドバンスドURL形式になったころからスマホでの広告枠が増えて
3つから4つくらいまでが上位表示されるようになったのですが

今回拡大テキスト形式に完全移行したタイミングでスマホ広告の
掲載枠が以前と同様に2つに減ってしまいました。

 

実際にスマホで確認してみましたがやはり広告は
2つしか表示されなくったようです。

 

 

ということはつまりはスマホからのアクセスを集めるには
2位以内しないといけなくなったということになります。

 

ただでさえスマホのクリック単価は高騰傾向にあるのですが
今後はさらにクリック単価が高くなるでしょう。

 

 

スマホの広告掲載枠が減少したことへの対策

 

前述した様に今後はスマホのクリック単価は高騰しいくでしょう。

 

だからと言ってすべての広告のクリック単価を上げる必要はないです。

 

現在売れている案件のみに絞って単価調整をして
まだ売れていない案件は様子見で良いと思います。

 

なぜならクリック単価が上がれば上がるほどに
赤字になるリスクが高くなるからです。

なのでまだ売れていない案件ではPCの方で様子を見て
売れていくようであればスマホの単価を調整する。

といった流れが今主流になってくると思います。

 

以上参考にしていただけると幸いです。

 

本日の記事があなたのお役に立てた場合は
下記をクリックして合図を頂けると嬉しいです。

⇒http://blog.with2.net/link.php?1782132

 

■無料スカイプ相談受け付けています。

⇒ http://hnt.fsmailer.info/entry/form.php?form_id=30

※上記フォームからお気軽に問い合わせください。

 

今回も記事を最後まで読んで頂きありがとうございます。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です