情報商材PPCでの売れる案件について

どうも こんにちは

時任です(´∀`)

今回も前回に引き続き情報商材でのPPCについて触れていきたいと思います。

前回もお話した通りに情報商材でのPPCアフィリエイト
やり方次第ではまだまだ実践可能です。

そして、実際に売れたデータを元にしてPPC広告で売りやすい
情報商材の選び方についてシェアしていきますね。

売れる条件その1

インフォトップでのランキング上位の商材であること。

80サイトほど出稿してきた中で売れたモノは全て
ランキング上位のモノでした。

売れる条件その2

販売者の素性が明らかであること。

以前に比べると情報商材の認知度が上がってきてはいるものの、
依然としてまだ情報商材は怪しいモノであると感じる人は少なくないです。

ということで、

素性がよくわからない販売者であったり、
セールスページが怪しい感じであったりする商品は売れにくいようです。

情報商材は基本的には1~2万円前後と高額なので、
どんなに魅力的に感じたとしても、怪しいと思った時点で
サイトから離脱してしまいます。

なので

知名度が高くて信頼できる人が販売しているものがいいですね。

売れる条件その3

販売価格の上限は2万円まで。

PPC広告で集客した人の大半は情報商材を買いなれていない人達です。

そんな人達にいきなり何万円もする情報商材を案内したところで
まず売れることはないです。

例えそれがどんなに魅力的に感じていたとしてもですよ。

ですから

PPCで情報商材を売る場合にはなるべく安価なものを選ぶようにしましょう。

実際に時任がPPC広告で売り上げたモノも1万円前後の商品が多く、
高くても2万円までものしか売れていないです。

売れる条件その4

返金保証があること。

何度も繰り返しになりますが、情報商材は一般の人達にとっては
怪しさいっぱいで信頼にかけるモノとして捉えらています。

しかし、そういった人たちでも返金保証が付いていれば
比較的に安心して購入してもらいやすくなります。

なので、案件選びの際には返金保証が付いているかどうかを
かならずチェックしておきましょう。

他にも条件はあるですが、全て書くと長くなりそうなので
今回はここまでにしておきます。

今後また成果が上がってきたときは情報をシェアしますので
楽しみにしておいてくださいね。

今回も記事を最後まで読んで頂きありがとうございます。

 

 

時任の記事が面白いと思ったら
応援クリックをお願いしますm(_ _)m
↓   ↓   ↓


人気ブログランキングへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です